コラム

2016.06.28

講衆に聞く:中堅の本音!?

今回お話を伺うのは、中堅あるいはベテランともいうべき、アラフィフのお二方です。
奇跡的に誕生日が全く同じ日ということでキャッキャしている、かわいいおっさん2人です。

以下、
な:なべちゃん
よ:よっしぃ
は:はたぼん(コーディネーター)

は:電車好きですよね。お二人とも。

よ:うん、まあ、好きやなぁ。

は:この前、大阪駅に出演した時(注・大阪駅構内のイベントに壬生六斎が出演しました)も、ホームに向かってカメラ構えたはりましたもんね。

よ:ああハハ、あれは、ちょっと珍しい電車が入ってくるとこやったから。

は:なべさんに至っては聞くまでもなく、筋金入りの鉄ちゃんという。

な:そやけど、おれは乗る方やで。

は:よう旅行行ったはりますよね、奥さんとね。仲いいですよね。

な:いやいや、美味いもん食べにね。昔、仲間と鈍行で旅行して、車内でずっと食べて呑んで。あれは楽しかったなあ。

は:さ、そんなことはともかく、六斎の話をして下さいよ。ベタに、入会のきっかけなど、お一人ずつ。

な:兄貴も一緒にやっててん。おれは14歳、中3の時入った。ちょうど綾傘鉾が復活した頃。ほんで、8月に呼び出されて、「何すんねん」思て行ったら、それが六斎やって。

は:はあ、六斎はほとんど知らんかったと。壬生にお住まいでもなかったんですね。

な:岩戸山からもうちょっと南の方へ行ったとこに住んでてん。

は:よっしぃさんも壬生出身ちゃいますよね。

よ:そうそう、元々時代祭の担当学区に住んどって、鼓笛隊は一通りやったことあんねんけど。ほんで、近所の人が先綾傘に入ったはって、その人と知り合いやったから、誘われて、フラ~ッと。

は:綾傘から入らはったんですね。やっぱり六斎はご存知なく。

よ:そやなあ、まあ京都に居ながら、全く未知の世界で、ハハ。

は:入ったら、やっぱりまず四ツ太鼓からですか。

な:そやね。先輩の家で練習したりとか。月2回程、歌(注・六斎の演目は口唱歌で覚えます)の会があったりとか。

よ:おれは四ツもちょっとやってんけど、全然あかんかった。鉦もなんか早いし、よう分からんかって。入会した時、もう20歳位やったし。

は:ほんで、獅子の方へ進んでいかはるわけですね。

よ:たまたままあ誘ってもらって、「ああ、ほなやります」いうことになって。やってみたら難しいねん! 逆立ちも、袋(獅子の被り物衣装)かぶったら全然でけへんし。ほんで、六斎連合会の獅子舞講習会で、他所の団体の人の背中借りたりとか、その時に「こう腰をキュッと引くねん」てコツを教えてもらったりとかして。ほんでまた、他所のやつ見してもうたら、碁盤に乗ってるやんか! 「ああ、あれに乗らなあかんねや」て。

は:そっか、六斎知らんと入らはったから、そもそも知らんかったんですね(笑)

よ:そうそう、それからちょっとずつ練習して、最初三段、やっと五段と乗れるようになっていって。そやけど、今でも難しいな。真っ直ぐ足伸ばしてるつもりでも、いがんで見えるし。どこでやっても、その場その場で必死やで。

は:いやぁ、至って軽々とやってらっしゃるようにお見受けしますが。獅子の子が言うてましたよ、「あの人獅子方で一番年長やのに、いつでも『いけるやろ』言うて、全然疲れ知らずに技しまくらはるから、付いていく後輩が大変や!」て。でも、そうやって楽しそうに続けたはるのが励みになりますよね。なべさんも、伝統功労者の賞を獲らはった時の挨拶で、「六斎は辞めようと思ったことが不思議と一度もない。会社は何度もあるけど」て言わはったの、僕すごく印象に残っています。

な:ハハ、そんなん言うたかな、もう忘れた。でも、確かに辞めようとは思ったことないわ。

は:最後に、何か課題とか、今後のことを語って下さい。

よ;出張が大分減ってるから。昔は、例えば西陣織物会館に毎月出演があって、出番を待っている間に獅子の袋の中で鉄輪覚えたりとか出来たけど。

な:場数がね、踏めると、やっぱり実力もついてくるし。インターネットからもっと申し込みがあったらええのに。出張の様子、例えば祝賀会に出演とかそんなん多いやん、そういう場面を依頼者の承諾を得て、一部写真掲載してみたらどう。どういう感じか具体的に伝わるやろし。

は:なるほど、やってみます(と言いつつ、既にこの提案を受けてから何度か機会があったのに、結局ドタバタして実現できておらず、ゴニョゴニョ……)。お忙しい所、ありがとうございました。

ページの先頭へ