コラム

2017.08.25

平成29年 京都の六斎(2)

8月23日(水)は嵯峨野六斎の奉納がありました。
場所は、右京区嵯峨野宮ノ元町の阿弥陀寺です。
ここは住宅地の中にある、観光地的でないお寺ですので、知らない方はたどり着けないと思います。
私も初めて訪問した時は、道を尋ねたり、またその人が知らなかったりして難儀しました。
京都市バス「生田口」で降りるのが最寄です。そのほか京福電車「有栖川」からも歩いて10分弱。
三条通沿いにあるスーパー大黒屋の横の道に入り、小さな橋の手前を右折。後は道なりに真っ直ぐ突き当りまで。
駐車場はありません。


阿弥陀寺

知る人ぞ知る行事で、当然地元の方が観客の中心です。
小さなお寺に入って、しかも靴を脱いでお堂に上がるので、一人だとちょっと入る難易度高いんじゃないかと思います。
しかし、入場料を要求される訳でもありませんし、余所者だからと門前払いもされませんので、ずけずけ入って下さい。


猿廻し

始まる前に御住職のお話があります。相変わらずお元気で安心しました。
それに続き、村の総代さんがご挨拶をなさいました。
今は講と地域の関係もすっかり良好になり、一体となって行事を盛り上げていこうという気運らしいです。


越後獅子

本年は関東や海外からお見えの方もいらしたようです。
遠方からお越しの方は、終わった後も熱心に質問をしていらっしゃいました。


8月25日(金)には長岡天満宮で久世六斎を拝見しました。
長岡天満宮はアクセスの良い大神社で、阪急電車からもJRからも歩いてすぐです。
この日は夏のお祭りでして、露店が所狭しと立ち並び大盛況。
近隣のお子さん達や家族連れが大勢いらっしゃっていました。


祇園囃子

広場に設けられた特設舞台で、午後7時から演じられます。久世六斎の前には、太鼓の団体が出ておられました。
この日の演目は、祇園囃子、四つ太鼓、八兵衛さらし、獅子太鼓、神楽獅子。
一山打ちを見るには、31日の蔵王堂へ行かねばなりません。


八兵衛さらし

広々とした舞台で制約なく演じられそうですし、舞台前には長椅子も置いてあるので見やすいです。
ただ、周囲の喧騒が思いのほか大きいので、ちょっと音の聞き取りづらいのが難点。
仕方がないと言えば仕方がないのですが、もう心持ち音響が良かったらなあ、なんて思いました。
大きな太鼓演奏の時は気にならなかったのですが、六斎の音は、特に笛は、ああいう場では弱いです。


神楽獅子

もっとも、久世六斎の皆さんは、そんなことには関係なく、いつも通り粛々と舞台を務められました。
15名程出られていたと思います。
大変好評でした。


ここで、六斎の公開場所の内、アクセスの便や入りやすさ等を勘案し、見易さを独断で整理してみます。
8月/講名/場所/見易さ
9日/壬生/壬生寺/★★★★★
14日/千本/千本閻魔堂/★★★★☆(分かりやすい場所だが、バスは帰りの便がない可能性あり)
16日/水尾/円覚寺/☆☆☆☆☆(車でも行きづらい市内の秘境。そもそも開催されるか不定)
16日/西方寺/西方寺/★★★☆☆(知らないと分かりづらい場所。バスの場合、時刻に注意)
16日/中堂寺/壬生寺/★★★★★
18日/小山郷/上御霊神社/★★★★★
20日/田中/干菜山光福寺/★★★★★
22日/上鳥羽橋上/浄禅寺/★★★☆☆(六地蔵の一つなので有名だが、バスの本数は少ない)
22日/小山郷/上善寺/★★★★★
22日/西院/高山寺/★★★★☆(アクセスは良いが、案内がないので知らない人は入りづらいかも)
23日/嵯峨野/阿弥陀寺/★★☆☆☆(場所が分かりにくい上、初見で一人だと入りづらいかも)
25日/吉祥院南条/吉祥院天満宮/★★★★☆(交通機関の場所、本数、時刻は要チェック)
25日/久世/長岡天満宮/★★★★★
27日/梅津/梅宮大社/★★★★★ ※毎年8月最終日曜開催
31日/久世/蔵王堂光福寺/★☆☆☆☆(交通機関のアクセスは悪い。車が妥当だが駐車場はない)
アクセスに関しては、乗継を考慮していませんので、遠方からお越しの場合、★5でも帰れない可能性があります。
完全な一山打ちをご覧になりたい場合、地元の主公演をお勧めします。
例えば、久世は蔵王堂で絶対に見るべきですし、小山郷は上善寺、嵯峨野は阿弥陀寺が良いです。
※嵯峨野六斎は9月の第一日曜にも松尾大社で奉納があります。

六斎に興味をお持ちになられたら、是非一生に一度はどこでもいいのでご覧頂きたいですし、一か所ご覧になって、ちょっとでも面白いと思われたなら、また別の所へ足を運んで頂ければ、関係者としてこれにすぐる喜びはございません。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ