コラム

2017.11.09

壬生六斎の旅:谷汲山華厳寺

壬生六斎に所縁のある地を巡る特集「壬生六斎の旅」。
5回目となる今回も、例によって「飛観音」に登場するお寺を訪問しました。

別に飛観音だけに拘るつもりはなく、ほかに関わりのある場所も既に旅してはいるのですが、この歌に登場する札所も残す所2カ所のみとなりましたので、この際優先して片付けてしまいます。

さて、この度は西国三十三所観音霊場の三十三カ所目、満願の寺、谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)です。
“飛”観音のダイジェスト感は凄まじく、5つめの札所にして早くも満願となりました。

当地に伝わる御詠歌には、

万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲
今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎて納むる 美濃の谷汲

というのがあり、飛観音では上記2首を組み合わせたような形になっていて興味深いです。

昨日今日まで親と頼みし笈摺を みふだ納め申すよ 水は苔より出ずる谷汲

“笈摺(おいずる)”とは、巡礼者が身に着ける白い衣のことで、満願霊場の当寺にはそれを納めるお堂があります。

閑話休題、突然ですが、皆さんは真の闇を見たことがありますか。
あるんですよ、それ、このお寺に……
あれは、わたしが境内一通りの参拝を終えた時でした。
ご本尊の前に戻りまして、ふっと脇を見やると、左の方に下へ降りる階段があるんですね。
入り口横にはお盆がありまして、そこに百円を置くように指示してある。
ははあ、これは何かの趣向だな、と、好奇心をくすぐられるのが人情でして。
係の人も誰も居ませんでしたが、わたしはちゃんと百円玉を置いて、トトトッと降りた。
すると、どうでしょう、一歩、二歩、三歩、四歩、と進む内にどんどんと辺りが暗くなる。
五歩も踏んだ頃にはもう文字通りに、お先真っ暗。
もう少し行ったら、何かあるんじゃないかと我慢してみますが、どこまでも暗い様子なんです。
ともすると、これは灯りを点け忘れたのじゃあないか、まだ開店前なんじゃないかと勘繰りましたが、
だとしても、話のネタにはなるだろう、むしろ、こっちから引き下がるのは癪だ、と意地にもなりまして、
構うことなくズンズンと前進していった。
まだ入り口の光が届く内はいいんです。でも、そんなものはすぐになくなる。
そうすると、本当になんにも見えなくなるんですね。
わたしは、目は利く方なんですが、どんなに目を凝らしたって真っ暗なんです。
世の中、闇夜に部屋を閉め切って灯りを消していたって、どっかから光は漏れているものでして。
真の闇なんてものが、この世にあること自体、知らない人が大勢いるんじゃないでしょうか。
ともかくも、頭を打つんじゃないか、いきなりぶつかるんじゃないかと思うから、屈み加減で一杯に手を伸ばしながら歩く。
しかし、そもそも天井に手はつかない、その内、伝っていた壁にも指先が触れなくなる。
そうするとねえ、もう自分がどこにいるのか、今何時なのかも分からなくなるんですよ。
感覚が滅するというのでしょうか、自分の体も見えないものだから、己の存在さえ実感出来なくなる。
あれも闇、彼も闇、闇、闇、闇の世界でただ一人、いや、その一人も本当に居るのかどうか。
本当は誰も居ない? 最初から誰も居ない。
ああ、そうだ、ここには闇があるだけで、いや……闇を闇と認めているのは誰だ?
誰だ……誰だ……? ダレモ、イナイ………………?
――それからというもの、彼の姿を見た人は居ないということです。
ひょっとしたら、彼は今も、闇の中を彷徨い歩いているのかもしれません、鈍く光る百円玉だけをこの世に残して。
え? “わたし”って言っていたじゃないかって? この文を書いているのは誰かって?
あなたが今見つめているモニタ画面の電源をちょっと消してご覧なさい。
ほら、そこに映っているでしょう? その真っ黒な中に……ほら……? ほら?

ホラです。戒壇巡りに予備知識なく入ったというだけの話です。
戒壇巡りとは、真っ暗なお堂の下を歩いて、ご本尊と縁を結ぶ修行の一種です。
ちなみに、この後に善光寺でも体験してみましたが、あちらは人の大行列の中を進むので、全然怖くなかったです。
このお寺で真の闇体験が出来たことは、まさしく幸運でした。

谷汲山華厳寺へは、樽見鉄道「谷汲口」駅下車、駅前のバスに乗って10分位で、参道の入り口に着きます。
参道は1km程度あって、両脇にお土産屋さんが立ち並んでいます。
仏具関係のお店が多かったように思います。
樽見鉄道は、JR構内から乗り換える線で、ワンマンカーが大垣駅ホームの一画に可愛らしく停まっています。
余談ですが、「モレラ岐阜」という謎な駅で親子連れから中高生から、とにかく大半の乗客がごっそり降りてびっくりしました。
調べたら、大型ショッピングモールの名前がそのまま駅名になっているようです。
この辺りの人は、ここしか行く所がないんじゃないか、と思う位の盛況ぶりでした。

帰りに大垣駅で下車して寄り道。
お祭りがあるみたいでした。

分かる人には分かると思いますが、今回の旅、この更新日より結構前に行っています。
次回は、信濃の善光寺です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ