コラム

2017.07.24

平成29年 後祭日和神楽

7月23日夜は祇園会、後の祭りの日和神楽です。

南観音山、大船鉾、北観音山の順に御旅所で見ました。
鷹山は見なかったので、南観音山の前に来たのでしょうか。

前の祭りのように四条通を東進してくるのではなく、いずれも寺町通から南下してきました。

奉納後の北観音山に付いてゆくと、寺町を上がって三条を西へ行きました。
その後、堺町で曲がるようなことを漏れ聞きました。

堺町を超えると、大船鉾に追いつきました。
飲み物休憩をされて、その後、烏丸を渡って鷹山の町へ。

鷹山は町内でまだ演奏中でした。
その横を抜ける大船と鷹山の囃子が交錯する様子は、言語に尽くしがたい美しさでした。
前の祭りでは、日和の際、他所の山鉾に近づくと囃子を中断しなければならない申し合わせがありますが、後祭りではないようですね。
和気あいあいとした囃子方の交流は、町衆の心意気を象徴的に表したダイナミズムを感じさせました。

それはそうと、鷹山の日和の台車は非常に大きいですね。
思うに、全基中最大でしょう。
お子さん達が鉦を担当されていたことを差し引いても、かなり縦長だと思います。
復興に向けた勢いを感じました。

その後、南観音山のあばれ観音を拝見し、“わっしょい、わっしょい”とかしわ手を打って帰りました。
明日は神輿送り、祇園御霊会です。

2015.07.29

7月23日 御旅所奉納

 7月23日(木)、綾傘鉾囃子方は四条寺町御旅所の前で祇園囃子を奉納しました。
この行事は、お神輿さんが御旅所にお泊りになっている間の7月18日~23日に、各町の囃子方が日替わりでお囃子を奉納するものです。
本年は、18日:月鉾、19日:北観音山、20日:菊水鉾、21日:長刀鉾、22日:四条傘鉾、23日:綾傘鉾でした。
従来、1年おきに回ってくるお当番。実は綾傘鉾、今回ひそかに2年連続でした。
なぜか? 鉾が増えたからです。それで順番をまた組み直したのです。くじ引きで。
鶏鉾の方が言うたはりました。「うち2年連続で回ってきてへ~ん」
数年後にはもう一基増えますから、またくじ引きするかな。

 余談ですが、お神輿さんがそこにいはるのに、わざわざお社の方へ拝みに行く方って結構多いですよね。
別に間違いではないでしょうけれど、お神輿さんの中に神さん乗ったはるんやから、そっちに挨拶した方が、声届きやすいんちゃうかな~。

 7月20日~23日は後の祭りの宵山でもあります。
23日は日和神楽もありますから、我々が奉納を終えた21時から後、3基がお詣りに来られます。
実際、帰りしに四条町へ行くと、凱旋船鉾の皆さんがお囃子しながら出発されるのに会いました。

2014.07.21

平成26年7月21日宵山

後祭宵山の第一夜は大いに盛況でした。
各町の御朱印を押して廻るスタンプラリー企画が人気で、押印希望者の長蛇の列が見られた程です。
混雑と言えばやはり凱旋船鉾で、綾小路からの四条町進入は不可。
四条通からの一歩通行のみという異例の交通規制が、ここだけ敷かれていました。

ところで、先日訪れた布袋山に少し変化がありました。

布袋さんお留守
布袋さん達がいつもの所にいらっしゃいませんでした。

布袋山会所?
西へ50m。南側。こちらが会所でしょうか。
御朱印はこちらで。達筆のサイン付き。

姥柳町提灯
提灯も大きなものがあるんですね。
「姥柳」(うばやなぎ)と書いてあります。こちらの町名です。

旧記では先祭に列記される布袋山ですが、場所柄からもやはり後祭の方が雰囲気出て良いように思います。
もっとも、16日にも粽等の販売はされていたようです。
その辺りの対応は、山によって今回まちまちでした。

7月16日の鯉山
鯉山は、14、15、16日と3日間、午後1時から9時まで展示を公開されていました。
さすがに山建てはありませんでしたが。

ほかの後祭の山は、どこがいつもの公開場所が一見分からない程普段通りの所もあれば、提灯だけ出している所もありました。
次年度からどうなるか、しばらくは試行錯誤が続くかもしれませんね。

それにしても、露店が全く出ていない状況は爽快です。
通りは広々とし、清潔感に溢れ、何が祭りの主役かが一目瞭然。
実にゆっくりと観覧出来ましたし、落ち着いた雰囲気を楽しむことが出来ました。
本年は前祭でも出店制限がなされましたが、本当に良い方針だと思います。
祭はただ単に盛り上がれば良い訳ではないし、祭だから何もかも許される訳でもありません。
人出の減少を心配する声もありますが、経済の為に神祭がある訳ではないのです。
経済はあくまでおまけ。
第一義が何なのか、後祭が帰ってきた今年にこそ考えてみたいものです。

北観音山

2014.07.20

平成26年の後祭

遂に祇園会の後祭が帰ってきました!
その回帰には、何よりこの鉾の"凱旋"なくしてあり得ないのです。

新町綾小路上ル
いざ四条町に立つ雄姿。
まさに現実のものとなりました。

このブログでも去年から何度か後祭復活について取り上げてきました。
しかし、最後の最後まで、それが本当なのかずっと模糊とした気持ちでした。
吉田山鉾連合会理事長のスピーチを眼前で聞いてすら、具体的に想像できなかったのです。

ですが、一つ一つ、今まで"有った"ものが"無い"本年を目の当たりにするにつけ、些かの実感を得るようになりました。

新町錦
昨年と同じ構図で撮りました。比較してみて下さい。

室町蛸薬師
ありません。あれも、あれも。

放下鉾より北を望む
どこまでも、ありません。
放下鉾から北の見晴らしの良いこと。

時日が前後しますが、放下鉾の曳き初めでは――

南観音山の町会所前
順調に南観音山の会所前を通過。
同会所には何らの飾りもなし。
ただ、紋付姿の役員さんらしき方々がお出迎えをなさっていました。

北観音山の町会所
続いて、北観音山の会所前も通過。
状況は、南観音山の時と同じ。
なお、この後放下鉾は、六角通まで上リました。

これと逆のこと――

新町四条上ル
7月20日には、南観音山が四条通手前まで、北観音山も錦小路を越えるまで下リました。
両観音山が揃って小結棚町(放下鉾の町)に乗り入れる形となったのです。

さて、話題を戻して大船鉾。
元治元年(1864)の戦火からちょうど150年ぶりとなる今年、折しも三連休の中日、空前の人出となりました。

新町四条
押すな押すなの人だかりが、新町四条の交差点へ。
事前の触れ込みでは錦まで上ルとのことでしたが、結局四条までも出られませんでした。

天候は不順で、晴れているのに降ったり止んだり。
途中で雨除けを外された大金幣でしたが、150年以上ぶりに濡れてしまいました。

大金幣
それにしても、この大金幣。
地上で見てもその巨大さに圧倒されたものですが、それが現に舳先に掲げられた光景は圧巻でした。
例えば、頭蓋骨だけ発見されていた恐竜の、残りの骨格が見つかり、さらに肉付きも成って、生き返ったような感覚です。
水引部分も含め、過去に懸けられていた装いがそのまま使用できるなんて、なんと運命的なことでしょう。

鉾はその後、新町を下ッて下ッて、とうとう高辻まで行きました。

出陣船鉾の鉾宿前を凱旋
そして、先に出陣を済ませた船の鉾宿の前を凱旋往復。
これが、この町の真の姿です、かつて何百年もありふれたはずの。

貼り紙
同鉾宿一階に貼り出されたお知らせ。
後祭の再開、ここに完了せりです。

ところで、話は飛びますが、上掲室町蛸薬師の西側に手作り感満載のこんな提灯が出ていました。

布袋山提灯

そして、その先にあるのが、こちら。

布袋山
焼け山最古参の布袋山です。
前の前の前の大火からこっち巡行していません。
既に江戸時代(18世紀半ば)のガイドブックでも飾りのみと紹介されています。
なお、その本の刊行当時は、まだ同様の山鉾がほかにも幾つかあったそうです。
その中で、結局この布袋山だけが300年以上にも亘って居祭りを続けたのでした。
いかに町内の方々が大切に思っていらっしゃるかが分かります。

高札によると、曳山だったそうです。
また、立地から言うと後祭への参加となって然るべきですが、この辺りはまだ確定できません。

これが再建となると、またしても世紀の大イベントですが、何分史料が……
その線でいくと鷹山が先になるかと思います。
囃子を始めたという噂をちらりと耳にしましたが、果たして?
なお、こちらも後祭です。
これからも後祭から目が離せない!?

2013.07.24

平成25年7月24日還幸祭

帰り道でたまたま東御座のお神輿さんにお会いできました。

四条大宮のフレスコの前で休憩中でした。
四若の輿丁さん達はその並びのセブンイレブンや、郁文中の中で缶チューハイ片手に一息ついていました。

こんな近所まで回ってこられると、祇園祭と壬生って近いなあと実感します。

今日は八坂神社の還幸祭、かつて祇園御霊会と称せられた日です。

2013.07.16

平成25年7月16日宵山

昨日に引き続き、祇園祭のちょっとしたこと。

各山町の入り口に建てられている提灯。
大抵屋根付き、たまに傘付きの柱で、町の端と端に2本ずつ祭礼中だけ建てられます。


新町錦にて

これって意外と個性的なんですよ。
山鉾の懸装品ではありませんが、屋根の形一つとっても実に趣向が凝らされています。
決まりきった形というのがないんですよ。
こういう所にも実はお金がかかっているんだなあと思います。
個人的には、山伏山がおすすめ。鬼瓦的な部分があって豪華。


室町蛸薬師にて

ところで、上掲2点の写真には共通点があります。
それは、「さきの祭り」と「あとの祭り」の両方が共存している図だということ。
以前、13日の曳き初めの頁でも触れましたが、間もなく見られなくなるかもしれないんですよね。
二つの巡行が合併されて、たかだか50年足らずにしかなりませんが、久しくこの賑やかさに慣れてきた身としては、ちょっとだけ感慨深いものがあります。


岩戸山より北を望めば、船・放下の向こうに、観音山の松が見える。

とはいえ、本来あるべき祭礼の形に戻るわけですから、こんなに喜ばしいことはありません。
さらに欲を言えば、ゆくゆくは巡行順路も元通りに戻していってほしい……。
「あとの祭り」のみならず、「さきの祭り」こそむしろ。

ページの先頭へ