コラム

2017.05.10

壬生六斎の旅:音羽山清水寺

壬生六斎に所縁のある地を巡る特集「壬生六斎の旅」。
3回目となる今回は、やはり「飛観音」より、「清水寺(きよみずでら)」を訪れます。

花の都の清水観音 音羽の滝の 清きところの 観世音まへにて 札うち納める

西国三十三所観音霊場、第十六番札所ということで、第三番の粉河寺から随分飛びました。
この辺り、飛観音の“飛”が本領を発揮しだした感じです。

それにしても、どういう基準で歌に入れる札所5つを選んだのでしょうか。
京都近辺だったら、六角堂とか革堂とか入りそうなものです。
ましてや、六波羅蜜寺なんて空也上人に所縁のあるお寺だってあるわけです。
この点は、六斎念仏周りから突き詰めるのには限界がありそうなので、和讃とか、仏教学的常識とか、そういう方面からアプローチしたら何か手掛かりが掴めるかもしれないと思っています。


仁王門

さて――
写真を撮る為に、わざわざ駐輪料金を払い、わざわざ修学旅行生に揉まれ、わざわざ拝観料を払って行ってやりました。
どうも地元京都市に住んでいると、“わざわざ”という風な億劫な気になるんです。
“いつでも行ける”と思いますからね。この罰当たりめ。メッ!

しかし、そんな罰当たりは少数派で、参道の坂から境内からこの日も大変な盛況ぶりでした。
多いのはやはり外国からお越しの方。
日本人はね、お店の売り子さんと筆者だけ。
いやいや、修学旅行の小中高生がおったわ。
今でも京都へ来てくれるんですね。
やっぱり定番なんやなあ。
こうやって、日本はもとより世界中から参拝客が訪れる、やっぱり清水さんは日本の宝。
そらあの清水の舞台は、ちょっと他所で見られへんもんなあ。
一生の思い出になるわなあ。
よし、ほな見に行こか!

て、工事してるやーん!
工事中やん、一生に一度の思い出、工事中やん!


格子状の柱の上に格子状の足場を組むテクニカルな奇跡

まあでも、逆に考えてみて。
こんな大々的な工事、滅多にあるもんじゃないわけ。
ひょっとしたら、生きている内にはもう無いかもしれないわけ。
かたや、普段の姿は写真でも映像でも見られるし、ほとんどの人はそっちしか知らないわけ。
そう考えたら、工事中のこれ、超レアでしょ! レアじゃね? アレじゃね?

――ここで唐突に、壬生六斎と清水寺のエピソードを一つ。
昔、清水の舞台で「祇園ばやし」を奉納していたところ、冒頭の「からこ」という曲で太鼓を大振りしていたら、それが手からすっぽ抜けて舞台の下へ飛んで行ったことがあったそうな。
“清水の舞台から飛び降りる”とはよく言いますが、なんと太鼓が飛び降りよったんですな。
師匠曰く、「それぐらい大きな振りで、太鼓を振らなあかんねんで」ということです。
……怪我人が出なくて良かったです。

音羽の滝の横にある茶店です。
落語「はてなの茶碗」のモデルになったのはここなんでしょうか。

清水寺へは、京阪電車「清水五条」駅か、市バス・京都バス「五条坂」から歩いて行きます。
バス停からの方が近いです、15分位。京阪からだと、その倍ほど歩きます。
ただ、いずれにせよ道が入り組んでいるので初めてだと迷ってしまわれるかもしれません。
わたしも上手く説明できません。
とりあえず、大通りから山の方へ山の方へ向かってみて下さい。
自転車の場合、観光バスやらが止まる駐車場に止めて歩きます。
途中、人と急な坂が多くてしんどいのは覚悟して下さい。
車ではたどり着けません。
そもそも、京都の町を車で移動しようなんてのは自殺行為で、旅行時間の大半を車中で過ごす羽目になります。
京都は、歩きながらの発見が楽しい町です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ