コラム

2017.06.01

獅子の講習会と西院六斎のこと

先日、市内某所において六斎獅子の講習会が密かに催されました。
これは、京都六斎念仏保存団体連合会に加盟する団体が集合して、獅子についての知見を深めようという企画。
大分前にもここで書いたことがありますが、あれと同じ行事です。
ここ十年程は年一回開催の恒例行事になっています。

前半は知識面の強化。
これは、壬生の獅子方が仕切らせてもらいました。
他講のどの方も熱心で実力者ばかりなのですが、結局毎年うちの者が任せられています。
まあ、そういうのが好きで普段から準備しているし、身内が言うのもなんですが、上手に進行するんですわ。
「もっとほかの人にもやってほしい!」と本人はいつも言うてますけどね。

その後は時間いっぱいまで「若い方同志で交流を」みたいな感じで実技の稽古です。
他の講の先輩から技のコツを教えてもらったり、それぞれ得る物があったと思います。
“六斎はみんな仲間”っていう、良い集まりなんです。

今年から前掲連合会の役員が一新されまして、特に会長が久しぶりに変わりました。
かなり若返った印象です。
スティーブ・ジョブズみたいな着こなしでスタンディング・プレゼンテーションしたはりました。
かっこよかったです。

ところで、西院六斎の本拠地奉納が今年からいよいよ復活するのをご存知ですか。
会の席上でも、西院の方が正式に宣言されていました。
日時と場所は下記の通りです。
一番最初の発表では「23日」となっていましたが、その後「22日」に変更となりましたのでお間違いなく。
約30年ぶりの奉納ということですから、ぜひぜひその歴史的瞬間を目にとどめて下さい。

  記

日時/平成29年8月22日(火)午後7時から
場所/高山寺(こうさんじ。西大路四条北東角)
※阪急・京福電車「西院」駅下車すぐ。

以上

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ