コラム

2017.07.24

平成29年 後祭日和神楽

7月23日夜は祇園会、後の祭りの日和神楽です。

南観音山、大船鉾、北観音山の順に御旅所で見ました。
鷹山は見なかったので、南観音山の前に来たのでしょうか。

前の祭りのように四条通を東進してくるのではなく、いずれも寺町通から南下してきました。

奉納後の北観音山に付いてゆくと、寺町を上がって三条を西へ行きました。
その後、堺町で曲がるようなことを漏れ聞きました。

堺町を超えると、大船鉾に追いつきました。
飲み物休憩をされて、その後、烏丸を渡って鷹山の町へ。

鷹山は町内でまだ演奏中でした。
その横を抜ける大船と鷹山の囃子が交錯する様子は、言語に尽くしがたい美しさでした。
前の祭りでは、日和の際、他所の山鉾に近づくと囃子を中断しなければならない申し合わせがありますが、後祭りではないようですね。
和気あいあいとした囃子方の交流は、町衆の心意気を象徴的に表したダイナミズムを感じさせました。

それはそうと、鷹山の日和の台車は非常に大きいですね。
思うに、全基中最大でしょう。
お子さん達が鉦を担当されていたことを差し引いても、かなり縦長だと思います。
復興に向けた勢いを感じました。

その後、南観音山のあばれ観音を拝見し、“わっしょい、わっしょい”とかしわ手を打って帰りました。
明日は神輿送り、祇園御霊会です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ