コラム

2017.08.11

今宮神社のお祭りレポ

先日8月5日にあった今宮神社での奉納について、一言触れて欲しいとのお声を頂きました。

今宮さんのお祭りは、今年で3年目の参加になります。
正直な所、いまだにどういう行事なのか、綾傘鉾の誰もが詳しく説明できないのですが、

1、本殿の御祭神ではなく、向かって左のお社がメインの祭礼であること
2、そのお社から“織姫様(おりひめさま)”が御降臨なさること
3、神社の関係者らしき皆さまが御招待を受け、観覧されているらしいこと

が、特徴です。
飛び込みで見に行って鑑賞出来るかどうか、その都度神社に問い合わせた方が確実かもしれません。
1年目は、出演者の知人でも、招待客でなければ入場を断られていました。

毎年少しずつ工夫を凝らされ、色々な演出を試されているようです。
伝統行事というより、前衛的なイベントといった雰囲気。
お名前失念しましたが、世界的に有名なアーティストの方が、石のオブジェのようなものを叩き、反響させて奏でる環境音楽(みたいな、ヒーリング音楽みたいな)がずっと境内に流れています。

織姫様は、人間で言うと小学生位の女の子。
有体に言うと、そういう役割を与えられた(御霊を移された?)子が、祭礼の中心になるということです。
お囃子も全て、この織姫様に向けて奉納します。

綾傘鉾のほかには、和歌の詠唱会や、和楽器の演奏も催されます。
今年は、大船鉾のお囃子方もいらしていました。
祇園会から他の町が参加されたのは、3年目にして初です。
ちなみに、綾傘鉾の後に大船鉾のお出番だったのですが、その様子を拝見すると、舞台の角に座られた織姫様に対して平行に、斜めに並んで演奏をするという、祇園祭史上でも珍しい舞台の使い方をしておられました。

境内には観客席以外ほとんど照明がなく、かがり火が所々に焚かれている程度です。
我々綾傘鉾は、旗持ちを先頭に境内を練り歩き、織姫神社に拝礼後、舞殿で棒振囃子を披露。
この時、1年目は織姫神社に向けて舞台の上から全員で、2年目は舞台の上におられる織姫様に向けてその下の白砂の上から、そして今年は、白砂の上にお掛けの織姫様に向けて、棒振と巡柱は舞台の上、その他の者は下からお囃子を奉納するという変則的な陣形で臨みました。
毎年何かしら変化を付けた演出を施されます。
棒振囃子が終わると、また境内を巡行して戻ります。
お客様は舞台の周囲にわずかに固まっておられるだけですので、徒歩巡行を間近に見られることはありません。
遠くから来て、また遠くへ去っていく徒歩囃子を、神秘的に描くという趣向なんじゃないでしょうか。
以前より若干は明るくなったと言いますが、1年目はほとんど真っ暗闇の中で行われました。
お蔭で、覆面を着けた者は周りが何も見えずに難儀したものです。

社務所の近辺ではお食事とお飲み物がふるまわれており、私共も今年初めてご相伴にあずかりました。
カレー、ナン、クロワッサン、ゴーヤチャンプルー、湯葉の揚げ物、茄子の揚げびたし、秋刀魚の開き、など15品目程が並んでいたと思います。
ただ、やはり暗くて、何を取っているのか勘に頼ることが多く、食べてから理解するものも少なくありませんでした。
知り合いの顔も見間違う位なんです。ちょっとした闇鍋気分です。

雰囲気最優先の、そういうトガッた(?)演出のイベントでした。

追伸
門の外で出番を待っている我々に、元祖あぶり餅いち和のお姉さまが、「暗いですやろ。電気点けましょか」と声を掛けて下さり、既に店じまいしていたお店の灯りをわざわざ点して下さいました。
御蔭さまで、快適に過ごすことが出来ました。
誠にありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

今宮神社の行事ですが、入場にお金が要るかもしれません。
そう言えば、門の所に受け付けがありました。
食べ物が出ますからね、タダというわけにも。
来年のことは分かりませんが、また綾傘にお声掛け頂けたらいいなと思います。
近頃出番が少なくて、出演の予定もめっきりないんですよ。
また気が向かれたら覗きに来て下さい。
コメントありがとうございました。

  • 管理者
  • 2017.08.21 19:14

こんにちは(^^)
今宮神社のイベントな様子、詳しくありがとうございました!
今宮神社のHPに載っていないので、
これから発展していくようなお祭なのかな…と思いました。
もし来年ご出演される際は、
一般参加が可能か調べて見に行きたいと思います♪
壬生六斎のご出演はしばらくない感じですか?
寂しいな…( ; ; )
また出演情報の更新とコラムも楽しみにしていますね♪

  • pyon
  • 2017.08.18 17:55

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ