ごあいさつ

獅子と蜘蛛

 ようこそ、ご覧下さいましてありがとうございます。

 こちらは、京都市中京区壬生に本拠を置く郷土芸能団体、「壬生六斎念仏講中(みぶ ろくさい ねんぶつ こうちゅう)」の公式サイトです。

 壬生六斎念仏講中は、太鼓(たいこ)・鉦(かね)・笛(ふえ)の三種の楽器を用いて、地歌や長唄などの伝統邦楽を演奏する郷土芸能「六斎念仏踊り(ろくさいねんぶつおどり)」を継承・保存する団体の一つです。

 また、祇園祭(ぎおんまつり)の際には山鉾の一つ、「綾傘鉾(あやがさほこ)」の囃子方(はやしかた)としても活動しています。

 こちらのサイトでは、これらの活動や今後の予定、並びに歴史・由来、演目の紹介、加えて出演依頼の受け付けや新会員の募集などを行ってまいります。

 このサイトを通して、広く壬生六斎のことを知って頂ければ幸いです。

 <壬生寺における奉納舞台の様子>

壬生六斎とは
慣習行事
演目紹介
出演情報
巡行する綾傘鉾囃子方
ページの先頭へ